パーシモンシステム
LLL/Ajax

iii/win


1987年4月のMS-DOS版初代トリプル・アイの発売から四半世紀を超え、トリプル・アイ シリーズの、最新製品 トリプル・アイ/Win は Windows7、8、10 にも対応し、現在も多くのお客様にご利用いただいております。これからもご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


iii/win 継続は力だ! トリプル・アイ シリーズ 四半世紀を超えるご愛顧に感謝し、厚く御礼申し上げます。まだまだやります。続けます。今後とも応援よろしくお願いします。
topics

17/9/15
iii/win V3.93をリリースしました。

V3.80から適用となったビジュアルスタイルについてその適用を選択可とし、適用時にも背景色透過の互換性を高める改造を施しました。


17/6/29
iii/win V3.92をリリースしました。

マルチディスプレイ対応、コマンドログ関係機能強化他いくつかの機能追加を行いました


17/4/28
iii/win V3.91をリリースしました。

RESTOREコマンド実行時の障害(※3.70~3.90でまれに発生可能性有)に対処



16/08/22
★ iii/win 動作確認環境へMicro Focus Visual COBOL® 2.3J 追加のお知らせ。

この度  マイクロフォーカス様  に全面協力いただき、 Micro Focus Visual COBOL® 2.3J でのiii/winアプリケーションの開発、デバッグ及び同ランタイム環境上での動作の確認が 完了しましたのでお知らせいたします。
Micro Focus Visual COBOL® 2.3J はCOBOL 開発環境製品の最新シリーズとして Micro Focus社が販売されている製品です。
今回iii/win開発キットに付属するサンプル CSIDEMO を用い、 Eclipse 4.4.2と VisualStudio Professional 2015 の両IDE環境で開発、デバッグの確認を行い、Windows10上での動作確認を行っています。



16/3/10
iii/win V3.90をリリースしました。

V3.90は、8、8.1、10 に対応した Windows8以降対応バージョンです。



16/1/15
iii/win V3.84をリリースしました。

リストボックス内に罫線の描画と文字色の指定を行える機能を追加しました。



15/12/11
iii/win V3.83をリリースしました。

リストボックスの操作を左右矢印キーで抜ける指定が行えるように機能を追加しました。



15/8/5
iii/win V3.82をリリースしました。

Windows 7 で MSIMEを使用し、PSRUNをWindows 2000互換モードに設定して運用している場合、アプリケーションの終了時に保護違反のエラーが生じることがあります。これは、MSIME自体の問題であることが確認されています。 この障害を回避するために2つの対策を行いました。



14/10/30
iii/win V3.81をリリースしました。

バージョン3.80で提供した新コマンド SET|IMM_READ :「読みの蓄積と表示の指定」における、読みを別のフィールドに自動的に出力させる指定を行った場合の出力先フィールドにおける動作について選択可能なオプションを追加しました。



14/10/03
iii/win V3.80をリリースしました。

フィールドに入力された漢字の読みを取得する機能を追加しました。取得した読みは別のフィールドに自動的に出力させることも可能で、オペレーターの漢字と読みの二重入力という手間を大幅に抑制することができます。
またスクリーンデバッガ SCDEB にコンボボックスを活用した新しいUIを採用することで過去に表示した画面や、実行したコマンドの履歴を表示させ新たなキー入力を伴わずに選択動作のみで画面を再表示したり、コマンドを再実行させることができるなど、対話型での操作性を格段に向上させました。



14/05/16
★ iii/win 動作確認環境へMicro Focus Visual COBOL® 2.2J 追加のお知らせ。

この度  マイクロフォーカス様  に全面協力いただき、 Micro Focus Visual COBOL® 2.2J でのiii/winアプリケーションの開発、デバッグ及び同ランタイム環境上での動作の確認が 完了しましたのでお知らせいたします。
Micro Focus Visual COBOL® 2.2J はCOBOL 開発環境製品の最新シリーズとして Micro Focus社が販売されている製品です。同製品は規約に従い正しく書かれたCOBOL ソースのバージョン間の互換性を保証されています。
前回動作確認報告をさせていただいた Visual COBOL® R4 についてももちろん Visual COBOL® 2.2J はソース互換を保証する対象とされています。今回iii/win開発キットに付属するサンプル CSIDEMO を用い、 Eclipse 3.8と VisualStudio Professional 2012 の両IDE環境で開発、デバッグの確認を行い、Windows8、Windows7上での動作確認を行っています。


13/09/05
iii/win V3.73をリリースしました。

画面のハードコピー印刷機能におけるDrawImageによる表現とDrawTextによる表現の印刷順序を変更し、両コマンドを合わせて使用する画面印刷の表現力を強化しました。

12/06/06
★ iii/win 動作確認環境へMicro Focus Visual COBOL® R4 追加のお知らせ。

この度  マイクロフォーカス様  のご協力の元、 Micro Focus Visual COBOL® R4 でのiii/winアプリケーションの開発、デバッグ及び同ランタイム環境上での動作の確認が 完了しましたのでお知らせいたします。
Micro Focus Visual COBOL はWindows® 版COBOLの新製品で、Visual Studio 2010にCOBOL開発環境が統合できます。 この度これのバージョン R4 を用い、Windows7上でのVisual COBOL開発環境が統合されたVisualStudio2010 において、iii/winアプリケーションの開発(ビルド)、またVisual COBOLに搭載された新機能である「動的アタッチの待機」を使用することによって、iii/win画面を表示(実行)させながらステップ実行によるデバッグも行えることを確認いたし ました。併せて当然ながらこれで完成したアプリケーションの実行が行えることも確認いたしております。 これに伴い、iii/win動作環境に Visual COBOL® R4 を追加させていただくことといたしました。
尚、今回の確認に使用しましたiii/winのバージョンは、3.71 となっております。

12/05/21
iii/win V3.72をリリースしました。

PSRUNの起動パラメータとして -5 を指定すると、TABキーが Enterキーと同じ役割を果たします。

12/01/30
iii/win事例紹介「井上情報システム株式会社様」

井上情報システム株式会社様 がiii/win Ver.3.71での開発事例紹介ページを公開されましたので ご案内させていただきます。 サンプル動画も必見です!!


11/11/15
iii/win V3.71をリリースしました。

DrawImage コマンド(PsDrawImage() 関数)に画像ファイルが存在しない場合のエラーメッセージの表示を抑制するオプションを追加しました。
また、Ver 3.70 には次のような問題があります。「Windows XP 上で、ある条件でメッセージ表示を行ったときAssert エラーを生じる。」3.71は、この問題に対応しました。尚、この問題はWindows Vistaや、Windows7では発生しません。

11/10/21
iii/win V3.70をリリースしました。

任意のフォントでのテキスト表示を行うDrawText コマンド(PsDrawText() 関数)とイメージ(画像)の表示を行うDrawImage コマンド(PsDrawImage() 関数)を追加しました。これらにより、テキストを任意のフォントと任意の色を用いて指定の場所に表示できます。さらに、BMP、GIF、JPEG、PNG、TIFF などの多様な形式のイメージを指定の場所に表示できます。
今回の機能強化により、iii/winアプリ画面は表現力を大幅増加させる事がを可能となりました。


10/07/21
iii/winのversion3.61をリリースしました。

10/03/26
iii/winのversion3.60をリリースしました。(Windows7 対応)

05/08/29
iii/winユーザーズマニュアル PDF版をリリースしました。ご希望の登録ユーザー様へは無料で進呈いたします。メールでお申し込みください。





○Windows 7 対応状況について
( 2010/03/26 Ver.3.60未満バージョンで発生する障害について )


○Windows Vista 対応状況について
( 2007/06/07 表示域定義の障害について )


○Windows XP(SP2)対応状況について

○トリプル・アイ シリーズの2000年問題対応について



DOSやOS/2の時代から、元祖リッチクライアント構築ツールとして四半世紀にわたりベストセラーを続けてきた「トリプル・アイ」シリーズ。

その中で Windows8、7、Vista、XPを始めとしたWindows(Win32)プラットフォームを前提とした、最上位版がトリプル・アイ/Winです。

従来通りのワープロ感覚の画面作成機能、オペレーターが操作しやすい優れたユーザーインタフェースの実現機能はそのままに、GUI機能の拡張を施し、かつiiiやiii/2で開発された資産との高い互換性を有しています。

iiiやiii/2で作成された画面情報ファイルはそのままでも使えます。もちろん新たに拡張を行うこともできます。

iiiやiii/2を使う前提で作成されたアプリケーションシステムのソースコードは大部分がそのまま使えます。(※Win32版が存在しない言語についは変更が必要です。)

互換性の維持と、Windowsの先進機能への対応はトレードオフの関係にあります。トリプル・アイ/Winはiiiやiii/2との互換性の維持を最重点課題として開発いたしました。そのため一応iii、iii/2ユーザー様向けの個別対応製品としていますが、全く新規のアプリケーションの開発でご利用いただくケースの事例も多くなっております。

対応OS Windows95,98以上、及びWindowsNT4.0,2000,XP,Vista,7,8,10以上。
ただしWindows7以降はバージョン3.6以降でのみ対応
対応言語 Microsoft Visual C++5.0、6.0、2003、2005、2008、2010 以上、VisualBasic6.0SP5、及びMicro Focus COBOL4.0,5.0、
Micro Focus Net Express3.0J、4.0J、5.0J、5.1J、Micro Focus Visual COBOL R4、2.2J、2.3J
上記に記載のない環境での使用や、他の言語からの使用をご希望の場合は個別にお問い合わせください。
OSならびに、使用プログラム言語については、各メーカーがサポートしていない、または既にサポートが終了している製品との組み合わせ使用については、ここへの製品名記載の有無にかかわらず原則的に当社でもサポートできません。
トリプル・アイシリーズは株式会社インタープロの開発製品です。

トリプル・アイ/Win Version3.0 開発セットA
\590,000(税別)(開発ライセンス1ユーザー+ランタイムライセンス10ユーザー付き)
※他に単体/追加商品、やボリュームディスカウント商品もあります。
※バージョンアップは有償です。その他、価格詳細はここをクリックしてください。

※評価版の貸出し制度があります。
※価格は2012年3月1日現在のものです。予告無く変更することがあります。


著作権について パーシモンシステムトップへ